本文へスキップ

横浜国立大学 理工学部建築都市・環境系学科海洋空間のシステムデザインEP 大学院工学府海洋宇宙システム工学コース 大学院環境情報学府システムデザインコース

航空宙誘導制御研究室HEADLINE

                                         教職員紹介にもどる
研究室ホームページはこちら
樋口 丈浩(Takehiro HIGUCHI)
 職名 准教授
 キーワード 航空宇宙・最適制御
 E-mail higuchi@ynu.ac.jp
 研究者総覧 
http://er-web.jmk.ynu.ac.jp/html/HIGUCHI_Takehiro/ja.html

 研究理念
航空宇宙分野における最適制御問題を中心に研究を行っております。航空宇宙分野では重量やコストの制限が大きく、最適化問題は必要不可欠となります。このような最適化問題を航空宇宙分野において広く扱い、最適であることの美しさを追求しています。また、人が介入したシステムにおけるヒューマンインターフェースの開発など、数値的に示される最適制御とともに、人の持つ曖昧さも加味した制御システムの研究・開発も行っています。上記の研究開発とともに、航空宇宙機のシステムデザイン、計測、制御を複合的に扱いより良い、身近で安全な航空宇宙システムの実現を目指しています。

 主な研究テーマ 
宇宙構造物の最適制御問題
宇宙構造物の最適制御問題を広く扱っています。例として図に描かれているような宇宙マニピュレータの制御などを行っています。宇宙構造物の制御は宇宙空間の特性と打ち上げコストの制限などにより以下のような制限・制約があります。
・運動量・角運動量が保存
・消費できる電力
・搭載できる情報機器能力

このような条件により複雑な非線形システムをシンプル且つ最適性を追求した制御則の設計などを行っています。
小型航空機のシステムデザイン
室内監査用のヘリコプターなどの小型航空機のシステム開発を行っています。検査用カメラから得られた情報を元に、人が遠隔地から操作しやすいように補助をするようなヒューマンインターフェースを開発しています。この他にも特殊な形状をした航空機や移動体の回避問題を扱った自動回避システムの開発なども行っています。
翼周りの流体制御に関する研究
絶縁体を挟んだ電極間にグロー放電を生じさせることにより周辺の流体を誘起するプラズマアクチュエータに関する研究を行っています。プラズマアクチュエータは従来航空機の抵抗低減を主に開発されていますが、未だ発展途上の研究分野であります。その特性を利用し、アクチュエータを用いたアプリケーションの開発を目指しています。また,その他の新型の流体制御装置の開発を行っています。
研究室ホームページはこちら


                                         教職員紹介にもどる

研究の

問い合わせ先:
海洋空間のシステムデザイン教室

〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-5
MAP

kaiyo-ep-qanda@ynu.ac.jp
TEL 045-339-4083
FAX 045-339-4099