直線上に配置


 横浜国立大学理工学部機械・材料・海洋系学科海洋空間のシステムデザインEP(教育プログラム)では、高校生を対象とした参加型コンテストを毎年開催しています。今年度も「海洋空間のシステムデザインカップ ひれ推進コンテスト」を開催いたします。
 一般に、船はスクリューやオール等を用いた推進装置を用いて進みます。一方、自然界に存在する魚などの水棲動物の多くは、ひれを用いた推進を行っています。近年、ひれによる推進効率が高いことから、魚の動きを模擬して動く推進装置の研究、すなわちアクアバイオメカニズムの研究が盛んに行われるようになってきました。このような背景から、今回のコンテストでは、参加者の皆さんにひれによって走る船(魚?)の模型を制作してもらい、その速度を競うコンテストを行います。
 理科や数学が好きな高校生、物作りに興味のある高校生、横浜国大に興味のある高校生、海や空・船や飛行機に興味のある高校生、その他誰でも、興味のある高校生は是非ご参加ください!

 なお、コンテスト参加者にはもれなくベースキット(TAMIYA社製 MECHANICAL BLOWFISH)が配布されます。
 



アイコン 「船や魚のひれに関する公開講座」
日時 
2019年7月15日(月祝) 13:30〜16:30(予定)
 
 コンテスト開催前に、横浜国大の専門の先生より、船や魚のひれに関する講義をしてもらいます。また、海洋空間のシステムデザインコースの実験設備を見学することができます。大学における授業の雰囲気や、研究の規模の大きさを是非体験してください!これらの講義等も参考にしながら、コンテスト当日までに、魚のひれのように推進する船の模型を制作してください。なお、模型製作の参考のために、コンテスト参加者にはあらかじめベースキット(TAMIYA社製のMECHANICAL BLOWFISH)が配布されます。

講座内容(予定):
 ・ミニ講義:船はどうやったら速く走れるの? (講師:高木洋平准教授)
 ・ミニ講義:船はどんなふうに浮くの? (講師:村井基彦准教授)
 ・ミニ講義:ひれ推進模型の制御について? (講師:樋口丈浩准教授)
 ・コンテストのレギュレーションの説明とひれ推進模型の例を配布
 ・実験設備見学(大型実験水槽(長さ100m×幅8m×水深3.5m)など)


※コンテストに参加しない方の聴講も可能です(原則として高校生対象)。



アイコン 「ひれ推進コンテスト」
日時 
2019年8月24日(土) 9:30〜16:00(予定)
 
 各高校の参加チームには、レギュレーションを基に製作した模型を持ってきてもらいます。これらを、大型実験水槽にて走らせ、そのスピードを競います。優勝チームにはトロフィーが、上位のチームには賞品が贈られます。また、すべての参加チームに記録賞と参加賞を贈る予定です。

※コンテストに参加しない方の見学も可能です。

大学の施設としては国内最大級の実験水槽です。



アイコン 参加資格
   高校生(2年生または1年生)を対象とし、1チームあたり同一高校から3名を原則とします(ただし、やむをえない場合は、高校3年生、及び、2名以下での参加も可とします)。また、公開講座とコンテストの両方の日に、日帰りで参加できることを条件とします。なお、横浜国大の所在地については、大学ホームページ(http://www.ynu.ac.jp/)の「アクセスガイド(アクセス案内)」をご覧ください。



アイコン 参加申し込み方法
 各種書類ダウンロードページから申込書をダウンロード、ご記入の上、チームの代表者の方よりFAXまたは郵送、E-mailにてお申し込みください。

※コンテストに参加しない方で公開講座の聴講とコンテストの見学を希望される方はこちらのお申し込みページをご覧ください。



アイコン 参加申し込み締め切り日・参加チーム数
   参加希望のチームの代表者の方は、7月5日(金)までに、FAX、郵送またはE-mailにてお申し込みください。コンテストは最大24チーム(予定)で実施する予定ですので、基本的に先着順にエントリーとします。ただし、同一高校から複数申し込みがあった場合には、他の高校からの参加チームを優先する場合がありますのでご了承ください。また、締切日時点にて参加受入れ可能数に空きがある場合は、公開講座実施の直前まで追加申し込みを受け付ける予定です。



アイコン 申し込み後の予定
   参加が決定したチームには、参加が決定次第、随時公開講座とコンテストの開催案内をE-mailまたは郵送でお送りします。コンテストのレギュレーションはホームページ上で公開します。また、公開講座当日には、コンテストのレギュレーションや競技方法を説明します。各参加チームは、レギュレーションを参考にコンテスト開催までの間に自作の模型を制作してきてください。
(注)レギュレーションに関する情報は、随時ホームページに掲載します





アイコン 申し込み先、問い合わせ先
コンテストへのお申込みや、お問い合わせは下記にお願いします。

〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79−5
横浜国立大学 理工学部 機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザインEP
システムデザインカップ実行委員長 川村恭己
TEL:045-339-4085 FAX:045-339-4099  E-mail:yas@ynu.ac.jp




主催:横浜国立大学海洋空間のシステムデザイン教室
共催:日本船舶海洋工学会(予定)
後援:神奈川県教育委員会(予定)
海洋空間のシステムデザインカップ実行委員会
横浜国立大学 理工学部 機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザインEP
  実行委員長: 教授 川村 恭己
  http://www.shp.ynu.ac.jp/



海洋空間のシステムデザイン教室支援企業
ジャパンマリンユナイテッド株式会社、今治造船株式會社、一般財団法人 日本海事協会、 (株)新来島どっく、住友重機械マリンエンジニアリング株式会社、株式会社 商船三井、サノヤス造船株式会社

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置