本文へスキップ

横浜国立大学 理工学部機械・材料・海洋系学科海洋空間のシステムデザインEP 大学院工学府海洋宇宙システム工学コース 大学院環境情報学府システムデザインコース

卒業生・修了生の進路CONCEPT

進路(過去5年間)

学部生の進路 
  大学院生の進路  

就職先(過去5年間)

卒業・修了
人数
進学 就職 就職先一覧
平成27年度  学部卒 28 19 8 住友重機械マリンエンジニアリング、常石造船、日本海事協会(2名)、アメリカ船級協会、金沢市役所、国土交通省、SMBC日興証券、いえらぶGROUP
修士修了 19 0 19 ジャパンマリンユナイテッド(2名)、三井造船、尾道造船、日本海事協会(2名)、アメリカ船級協会、ロイド船級協会、富士重工業、トヨタ自動車、日産自動車、三菱スペースソフトウェア、IHI、千代田化工建設、三菱日立パワーシステムズ、コマツ(2名)、三菱プレシジョン、JX日鉱日石エネルギー
平成26年度  学部卒 40 29 11 ジャパンマリンユナイテッド、今治造船(3名)、三菱重工業、川崎汽船、日本工営、アイダエンジニアリング、SANKYO、ブリングアップ史、東京都庁
修士修了 35 4 30 ジャパンマリンユナイテッド(4名)、IHI(2名)、三井造船(2名)、川崎重工業、日立造船(2名)、常石造船、海上技術安全研究所、ロイド船級協会、アメリカ船級協会、西武鉄道、トヨタ自動車(2名)、日産自動車(2名)、本田技研工業、新日鉄住金、千代田化工建設、コマツ(2名)、ブリヂストン、富士古河E&C、清水建設、大林組、横河ブリッジ
平成25年度  学部卒 30 18 11 川崎重工業、今治造船、商船三井、海洋研究開発機構、日本造船技術センター、日本海事協会、国家公務員(航空管制官)、トヨタ自動車、本田技研工業、大成建設(2名)
修士修了 27 0 27 ジャパンマリンユナイテッド(3名)、今治造船、日立造船、IHI、川崎重工業、日本郵船、三井海洋開発、海上技術安全研究所、日本海事協会(2名)、アメリカ船級協会、日揮(2名)、新日鉄住金、日本航空(3名)、トヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車、コマツ、三菱プレシジョン、NTT東日本(2名) 他
平成24年度 学部卒 38 27 11 ジャパンマリンユナイテッド(4名)、三菱重工業、今治造船、川崎汽船、明治海運、本田技研工業、日立建機、青森放送
修士修了 26 3 23 ジャパンマリンユナイテッド、三菱重工業、三井造船、今治造船、旭洋造船、川崎重工業、三井海洋開発、海上技術安全研究所(2名)、日本海事協会、国際協力機構、ANA、NEC(2名)、トヨタ自動車(2名)、本田技研工業、相模鉄道、コマツ(2名)、リコーエレメックス、テルエルブイ、オルガノ
平成23年度 学部卒 31 22 9 IHIマリンユナイテッド、三菱重工業、志津川造船鉄工所、日本海事協会、寒川町役場、三菱自動車、住友重機械工業、キーエンス、日本コントロールシステムズ
修士修了 30 4 23 IHI、ユニバーサル造船(3名)、サノヤス・ヒシノ明昌、海上技術安全研究所(2名)、宇宙航空研究開発機構、川崎汽船(2名)、日本郵船、飯野海運、ANA、トヨタ自動車、日産自動車、JR東日本、クボタ、コマツ、日本IBM、ヒューレッド・パッカード、TIS、三菱ふそうトラック・バス 他

就職後の離職率が非常に低いのがこの分野の特長です。


海事産業紹介イベント

秋学期(年度後半)末に実施される修士論文・卒業論文のポスターセッションに合わせて造船企業等による海事産業の紹介イベントを実施しています(約12社・団体)。

教育研究活動・人材育成 教室支援企業・機関

本教室が実施している教育研究活動や人材育成に関して複数の企業・機関様からご支援を頂いております。ご支援を頂いている企業・機関の中からウェブサイト掲載の許可を頂いた企業・機関様について、ご紹介致します。

国立研究開発法人
海上技術安全研究所 
ジャパン マリンユナイテッド
株式会社 
一般財団法人 日本海事協会 

今治造船株式會社 
 関西ペイントマリン
(船舶用塗料製造販売)
 
サノヤス造船株式会社 
 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社 
株式会社 新来島どっく
 

研究の

問い合わせ先:
海洋空間のシステムデザイン教室

〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-5
MAP

kaiyo-ep-qanda@ynu.ac.jp
TEL 045-339-4083
FAX 045-339-4099